就職活動の試験

就職活動における試験の種類

就職試験と聞いてどのような試験だと思いますか?
過去学校で受けてきたような記入式のものだけではありません。 よく聞く面接試験などもそうですし、それ以外の試験項目も受ける会社によって受ける必要があります。

一般的には、民間企業の就職試験の場合、適性検査、筆記試験、面接試験、健康診断などがを受けることになります。

最初に就職試験対策として、就職試験がどのような順番で進められるかみていきましょう。
普通、就職希望者から送られてきたエントリーシートや履歴書、自己紹介書などを元に、会社が求めている人材の条件と一致するのかどうかを判断されます。 よくいう書類選考になります。

無事に書類審査に通れば、次は一般常識などの筆記試験に進むことになります。 ここまではそんなに難関ではないかと思いますよ。
筆記試験と同時に適性検査が行われます。 これは職務や業務に関する遂行能力、あなたの興味や性格的な適応性を見るためのものです。 筆記試験は一般常識が問われます。一般教養や語学能力や数学などの基礎能力、 時事問題などの政治経済への関心や理解度、専門的な知識などを判断される試験といってもいいでしょう。

これらの対策については、日頃からテレビのニュースや新聞や経済雑誌などに目を通しておけばよいと思います。
また事前に一度書店で販売されている最新の問題集などを解いてみてわからないところや苦手な分野については理解を深めるようにしてください。 最低1冊については、完全に理解させておいてくださいね。

次の適正検査においては、二種類の試験となります。
それは性格適性試験と能力適性試験からなっています。

前者は職業の適性を見るもので、あまり神経質にならずリラックスして解答してみることが大切です。 後者は国語的な能力である言語能力と数学や理科的な能力を測定する非言語能力に分かれます。
筆記試験と適性検査に合格すると、面接試験になります。 これは一番難しい就職試験の最後の関門といってよいかと思います。

会社によっては、面接を重視したり、筆記試験を重視したりと傾向がわかれるところもあるようです。 また筆記試験の後に実施されるSPI検査といわれる適性検査を一番重要視する会社もあるようです。
証券や銀行などの金融系、メディア系などは就職試験では筆記試験を重視しているようですが、実際問題会社の人事担当者でないとわからないかと思います。 就職試験に対しては、どの試験に対しても全力を尽くす必要があるでしょう。