就職活動の一般常識

就職試験で問われる一般常識

就職試験の一般常識と聞いて、どのようなものなのか想像してください。
常識はよく言われることですね。
例えば、食事の前には手を洗うなど誰でも知っているものをここでは指しているのではありません。

就職試験の場合、問われるのは、働く社会人として当然知っているべきことです。
先ほどの例は、極端すぎますが社会人としてはあたりまえのことだと思ってくださいね。
ここでは、就職試験の一般常識について、見ていきましょう。

就職活動の時に必須知識といえば一般常識といわれているのは当然ですね。
もちろん一般常識は、働くようになっても必ず求められる知識です。 普通は、自分がよく知らない話題を振られても「そうですね」と対応してもいいと思います。
しかし就職試験の選抜される時は、一般常識を知らない人より知っている人を採用したいと思うのが当たり前だと思います。

一般常識と簡単にいいますが、広範囲にわたるものだと思ってください。
学科で見てみると、英語、国語、数学、理科、社会と広い範囲の知識が必要になります。

英語では、世界的なビジネス活動が必要になり、基礎的な英語力は必須となります。 大学生として最低限の英語の理解力をテストする目的で試験が行われます。 テストの内容は読解、英訳、和訳、単語、穴埋め問題、熟語、並べかえ、ことわざなどです。 この就職試験の準備としては、高校時代の教科書を復習することです。 もちろん英字新聞や雑誌などを読むこともいいでしょう。

時事問題においては、社会への関心や情報への感度など一般常識を見られます。

国語においては、日本語の基礎が出来ているかなどの一般常識を見られます。 簡単な四字熟語、反対語、同音異語、読み誤りや書き誤りやすい漢字、ことわざの意味などの問題です。
理科や算数においては、基礎的な計算、確率統計、グラフ、一次方程式、集合や図形などの理解度の一般常識を見られます。
この試験対策は、中学や高校の教科書を見たり一般試験問題集などを一冊見てみるのもいいでしょう。 社会では社会の基本的仕組み、政治や経済、地理や歴史などの理解度の一般常識を見られます。

この就職試験対策としては問題集で大丈夫だと思います。

一般常識については、重要視している会社を除いて書店などで売っている問題集を先ず一度全部解いてみてください。 そしてあなたの不得意分野やある科目の不得意なところを学習するようにしてはいかがでしょうか?