薬剤師への就職活動

薬剤師へ就職するコツ

薬剤師のお仕事はどのようなものでしょうか?
ドラッグストアーといわれる薬局や病院で働いているイメージがあります。 ここでは、そんな薬剤師への就職活動について見ていきましょう。

薬剤師への就職活動で病院で働くことを希望する場合、状況が以前とは変わってきています。
最近では、医薬分業といわれる医療とお薬の分業が急に進んでいます。 また病院の経営が合理化されたことによって、定期的に薬剤師を採用する病院が少なく、欠員が生じたら採用の募集するところが多くなっているようです。
大きな病院も台所事情は苦しいとTVなどで放映されているのでご存知のかたもいるかもしれません。

病院への就職については、とても厳しい現状となっています。

病棟業務においては、とても専門的な知識が要求されます。 特に修士課程修了者が望まれます。これからは、6年制課程修了者に採用の可能性が増えていく事になるでしょう。

薬剤師への就職活動のポイントについては、病院の新卒採用の特徴としては、4年秋以降の求人票提出が多いこと、薬剤師の求人数そのものが少ないことがあげられます。 この厳しい状況をクリアするためには、広く情報網を張り巡らせるようにしてください。
チャンスを逃さないことが大切です。いろんな情報や情報網を持ち、いつもチェックできるようにしておいてくださいね。

大病院で勤務したいと希望した場合でも、定期的な採用が減少していることを常に頭に入れてください。 現状をしっかり見て就職活動することが大切です。
調剤薬局への就職活動の場合、医薬分業率が半数を超えていますので調剤薬局が増えています。 よって積極的に薬剤師を採用しているところがほとんどです。

もちろん場所や規模により薬剤師が確保できている状況には差があります。 まだまだ薬剤師が足らないところも多いようです。
しかし、今後の薬局が増えすぎて飽和状態が予想されています。 このことを考えた場合、各調剤薬局の経営者の考え方により変わってくる可能性があります。 薬局が増えすぎて採用が少なくなるだろうとだけば覚えておいてください。
薬剤師は、社会に必要とされている職種です。薬剤師で働くと強い意欲を持って就職活動をやり抜くことが最後には大事だと思います。