旅行業界への就職活動

旅行業界へ就職するコツ

旅行会社や旅行代理店への就職は、昔から人気のある業界です。
旅行会社の添乗員さんが、よくツアーの案内などをしているところを駅で見かけますね。 会社に入って、好きな旅行を国内に限らず海外にも行けるなんて。 旅行好きにはたまらない就職先だと思います。

しかし最近では、旅行会社や旅行代理店への就職状況は、一般の企業とは雇用形態が変わってきているようです。 もちろん旅行業界の一番手であるエイチ・アイ・エス社は、そのようなことはないようです。

具体的には、添乗員勤務を希望した場合、新規で採用されることよりも、すぐに戦力として採用される中途採用、 アルバイト社員、正社員以外の雇用期間限定の契約社員、派遣社員などで採用する方法がとても多くなっているようです。

その理由としては、固定費としての人件費を見直して少しでも利益を出す経営の効率化が求められているからだと思います。 長引く不況のもと、残念ながらこの傾向は引き続き続いていくものと考えられます。

このような現状により、旅行会社や旅行代理店への就職は、とても厳しい状況だといえると思います。

最近では旅行会社や宿泊としてのホテル業界などにおいても、ライセンスといわれる資格を取得した人を採用する方向になっています。

旅行会社や旅行代理店への就職において、有利な資格をご紹介します。 一番評価の高いのは、一般旅行業務取扱主任者、国内旅行業務取扱主任者です。 また国内や海外の航空券予約や発券に関する業務のエキスパートであるAXESS実用検定合格者なども就職には有利といえます。

もちろん旅行会社や旅行代理店への就職においては、語学力も必要不可欠といえます。

英検もしくは観光英語検定なら2級以上が有利とされます。
さらにTOEICなら750点から800点以上だと就職に有利でしょう。 最近では、大学生の就職人気ランキングにおける旅行会社の順位が低下している傾向にあります。 しかし見た目ではなく実情を調べて判断している結果だと思われます。 人気があって就職の内定獲得に向けた厳しい競争が予想されるのが、旅行会社と旅行代理店といえます。