航空会社への就職活動

航空会社へ就職するコツ

航空会社への就職を希望している人も多いと思います。
日本航空のJALや全日空のANAなどがとても有名ですね。
では人気の航空会社へ就職するにはどのようにしたらよいのでしょうか? ここでは航空会社への就職についてご紹介させていただきます。

管理人が航空会社への就職について調べたことです。ご参考くださいね。 航空会社への就職においては、一般企業と同様です。 つまり翌年の3月に学校を卒業する高校、専門学校、短学、大学の生徒が就職に応募することが可能です。 もちろん海外の航空会社によっては、時期が異なることもありますので注意してください。

このなかでは、高校卒業をする生徒を募集をする航空会社はとても少ないようです。 現在ではないかもしれません。
最近の傾向としては、募集時期がとても早くなっていることがあげられます。 募集発表が1月頃の年明け早々に就職の募集が実施されるようになっているようです。

専門学校、短学、大学を卒業する年の春頃に、採用のための面接が行われていることもあるようです。

航空会社への就職活動する場合には、時期が早くなっています。 数年前の情報を参考にして募集時期がまだだ、などと安心しないようにしてください。 実際に、募集期日がすぎてしまい応募すらできない人もいたようです。

航空会社への就職を希望する場合、ネットや航空会社を希望する友人などと定期的に情報交換するようにしてください。 就職へのチャンスを必ずつかむようにしてくださいね。

新卒者ではない場合を見てみましょう。
国内の航空会社で既卒募集の場合は、高校、専門、短学、大学をもちろん卒業し、社会人となっている人が応募することができます。 航空会社での既卒募集は欠員募集がほとんどです。
よって募集する時期はこの時期と決まっていることはありません。 いつ募集があるかどうかわからないことがほとんどです。 就職に備えた事前準備を十分にしておくことが大切です。

国内の航空会社と違い外資系の航空会社の採用試験は、大抵が欠員者の募集となります。 そのため、国内の航空会社に見られるような新卒者や既卒者といた区分があることはありません。 外資系の一般企業と同じく採用後には、すぐに即訓練に入ることが一般的です。 募集時期ももちろん決まっておらず、国内の航空会社の既卒募集の場合と同様に事前準備が必要だといえるでしょう。

航空会社の採用試験内容についてご紹介します。
先ず書類選考があります。 次に集団面接やグループディスカッションが行われます。ここで絞り込まれて少人数の面接へ進んでいくことが多いようです。 筆記試験や英語面接、体力測定に健康診断がその間に行われます。 もちろんどのような内容の試験なのかは航空会社によって違いますので、過去の内定者の情報などを活用するのが一番だと思います。