看護師の就職活動

看護師へ就職するコツ

看護師と聞いて何を思いますか?
白衣の天使、ナースのお仕事いろんなことを思う人がいると思います。
ここでは看護師の就職活動についてご紹介いたします。

看護師の人数は、現在の日本においてはとても不足しています。
外国から看護師や介護師の人たちを採用しようとしている動きがあるのをご存知のひともいることでしょう。 看護師は、3人に1人が老人と高齢化社会を迎える日本ではとても必要とされている職業です。

そのような現状を考え、看護師国家資格を取り、看護師を職業としたいと希望する人増えているようです。 この状況が取り巻く看護師ですが、誰でも看護師試験を受験することができません。

受験資格が決まっています。
その資格に該当する人のみ受験することができます。
その受験資格とは、

1.文部科学大臣の指定した養成校で3年以上看護婦や看護師になるのに必要な学科を学んだ人
2.厚生労働大臣の指定した看護婦や看護師要請校を卒業した人、卒業見込みの人を含む
3.免許取得後3年以上業務に従事している准看護婦や准看護師で指定学校または指定養成所で2年以上学んだ人
4.外国音要請校を卒業、または外国で看護婦や看護師免許を得た人で厚生労働大臣が前述と同等以上の知識と技能があると認めた人

以上の4つに該当する人は受験資格があります。

多くの病院では、新卒の看護師採用においては短期大学や大学、専門学校の卒業生を採用しているケースが多いようです。

国家試験に合格したら、現状としては、どのような形でも働くことができます。 看護師になるために専門学校、短大、大学などの看護師専門学校へ願書を提出する場合、志望動機が必要になります。
「看護師になりどんな仕事がしたいの?」「どうして看護師になりたいのか?」など具体的に志望動機を考えて書くようにしてください。 看護師を志望する動機は、たくさんあるかと思います。
もちろん志望動機に答えなんてありません。あなたが納得できる志望動機をよく考えて書くようにしてください。