ホテル業界への就職活動

ホテル業界へ就職するコツ

テレビドラマでも有名になったホテル業界、特にコンシェルジェについてご紹介いたします。
俳優の高島さんが新人ホテルマンを演じてからどのような仕事なのか ホテル業界で働く人の内情がよくわかるようになりましたね。

国内のホテルにおいては、職種別に採用するところは少ないようです。 具体的には、コンシェルジュとしてホテルに採用されるケースもあるようです。

基本となり英語などの語学を習得した後、最初にコンシェルジュのいるホテルへの就職を検討するのが妥当かと思います。 国内のホテルによって、ロビーに常勤しているアシスタントマネージャーがコンシェルジュの業務をしているホテルもあります。 熱心にコンシェルジュの業務を行う仕事があるかどうか探すことが大切です。

ホテル業界へ就職する場合、専門学校卒業と大学卒業卒においては、採用が区分されます。
総合職を希望するなら大学卒業者にしか、総合職になる手立てがありません。 総合職の採用者は、とても少ない人数であると理解してください。 ホテル業界に就職するにも、通常の一般の会社と同じように筆記と面談による試験があります。

内容は、同じく一般常識や面接や英語が基本となっています。 もちろん外国人のお客様が多いホテルや外資系のホテルにおいては、英語力が重要なポイントです。 ホテルに就職するためには、ホテル全般に関する知識については、一通り知っていたほうがよいでしょう。 もちろん必ず知っていなければ、いけないことではありません。

その知識を得るには、ホテルや観光学科のある専門学校などへ入学したり、外国のホテル学校に留学するなどすることで身につけることができます。 ホテル全般に関する基礎知識があれば、就職の際に不利になることはないでしょう。 専門学校においては、コンシェルジュの基本となる接客業務などの知識を身につけられます。 もちろん学校の先輩などの内定に関する情報なども知ることができると思います。