外資系企業への就職活動

外資系企業へ就職するコツ

外資系企業で働くことについては、バリバリ仕事をして給料もたくさんもらうイメージがあります。
外資系企業とは、一体どのようなものなのでしょうか?
みなさんもよくテレビドラマなどで日本企業とは違う弱肉強食、ダブルのスーツ、高い給与、実力主義といった印象があります。

最初に外資系企業とは?どのような会社のことをいうのでしょうか。 一般的には、外資系企業とは外国籍の親会社が経営権を持っている会社のことです。

100%外資の会社がほとんどです。 ただし日本企業との合併のケースでは、外国企業が51%以上の株式を持っているのが一般的のようです。 もちろん51%以下の株式を所有している場合でも外国企業に経営権を握られることもあります。 また逆に経営権を日本の企業が持っていることもあるようです。

また、企業の買収合併でよく聞くM&A(Mergers and Acquisitions)がおこなわれて日本企業が買収されてしまう。 そしてある日から、外資系企業になることも珍しくなくなっています。
みなさんも新聞やテレビのニュースで一度は聞いたことがあるかと思います。

外資系企業で働く場合に一番大切なことは英語力です。
もちろん英語によるコミュニケーション能力が大切になってきます。 筆記試験のTOEIC点数よりも、実際にビジネスの英会話ができるのかどうか? などという実務面が採用などには重視されることは間違いありません。

もちろん履歴書やエントリーシートの選考段階においては、TOEICの点数が高いにこしたことはありません。 外資系への就職においては、外資系企業によっては応募する者にTOEICの最低限の点数を求めることもあります。 具体的には、世界最大のコンピュータソフト会社のマイクロソフトのマーケティング部の募集要項には、 米国本社と密にコミュニケーションができる英語力を求めると書かれています。

TOEICの点数は、800点程度が目安とされるところが多いようです。
しかしビジネス英会話が十分できれていれば、点数は気にしない外資系企業もあるようです。

やはり仕事上のビジネス英会話の能力が大切なようですね。
外資系企業に就職する上でのよい点としては、実績主義、男女平等があげられます。

もちろん悪いところもあります。
仕事の内容や役割をはっきりして外資系企業は採用を行います。 そのため欲しい能力を持った人材でない場合は、書類選考で落とされて試験や面接を受けることができません。 どちらかというと即戦力となるビジネスマンを求めているといってよいでしょう。 もちろん日本企業の研修などはありません。実施する場合、自分一人で研修を受ける必要があります。 外資系企業に就職する人は、あなたの実力を試してみたい考えを持っている競争心旺盛な人に向いている企業だといえます。