就職活動で聞かれる質問

就職活動の面接で聞かれる質問は?

就職活動の面接において、非常に気になるのは、どのようなことを聞かれるのか?ではないでしょうか。
就職活動をしている人に聞くと、想定問題や模範解答などを企業毎に作成している人もいるようです。 ここでは気になる就職活動における面接での質問についてご紹介いたします。

最近の傾向としては、ビジネスに関する質問が増えているようです。
新卒採用の就職活動の面接の場合、ビジネス能力を最初から重く見る企業が増えているようです。

つまり就職を希望する学生の面接試験の場合、入社後のビジネスで要求される資質や能力を持っているのかどうがを判断される質問になっているようです。
そのため就職活動を行う学生さんにとっては、あなたが入社を希望する企業にどのようなスキルを求められているのか、 スキルの水準を、しっかりと把握して面接試験の質問に答える必要があります。
しっかりと事前に準備しなければいけなくなっているのが現実ですね。

また面接やエントリーシートの質問もビジネス能力に関するものが増えています。
具体的には、

「これまでの失敗とそれを乗り越えた方法はなんですか?」
「あなたの『これだけは人に負けない』というものは何ですか?」
「大きな成功体験はありますか?」

といった内容の質問が就職面接の時には増加しています。

採用企業はこの質問により、あなたにビジネス能力があるのかどうかを判断するのです。
この他にも面接においては、あなたの人生や仕事についての考えを聞くことが多いようです。

「10年後、あなたはどのような仕事をしているのか?」
「10年度のあなたはどうなっているか?」
「あなたの私生活の設計について教えてください。」

などです。

これは就職を希望する学生が、その企業や業界に対して、持っている知識を確認するためであり、 あなたの人生や仕事にどのような考えを持っているのかを確かめようとしているといえます。

つまり企業やあなた自身に対してどういう考え方を持つ必要があります。 あなた自身のしっかりとした考え、方針を上手に伝えることが大切です。 性格や筆記テストの結果や学歴がよくても、就職の面接では内定を勝ち取ることは、とうてい無理かもしれません。

最終的な就職の採用面接をする人は、役員や人事部長などが多いです。 大企業ではなく中小企業の場合、社長が自ら面接を行うこともあります。 このような質問をあらかじめ頭にいれて面接にのぞむことが大切でしょう。 想定される質問とそれに対するあなたの答えをしっかりと持つようにしてくださいね。