就職活動における志望動機

志望動機を上手にアピールするには?

就職活動における志望動機について、みなさんはどのようい書いたり面接官へいったりしていますか?
単純にこの会社に入りたいだけでは、どの会社も相手にしてくれないかと思います。

ではどのようにしたらいいのでしょうか?

ここでは、就職活動で志望動機をアピールすることについてご紹介いたします。

先ず志望動機には、会社に入りたいという「意欲」となぜその会社なのか?という「理由」が必要です。
志望動機を考える場合、情報を収集して企業分析を行いってください。 そして入社する意欲の強さと、どうして入社したいのかという理由を入れ込むことで好印象を与えることができます。

異性へのアピールでも同じですね。彼女、彼氏への意欲と理由です。

志望動機をアピールする場合、第一にあなたが何を企業でやりたいのかを考えてください。
企業がどんな事業を行っているのかを調査してください。 そしてあなたは何をしたいから志望しますという流れで面接での話や文章を進めていくといいでしょう。
よいアピールになること間違いなしです。

ハッキリしない志望動機では、採用する側の企業担当者を納得させることはできません。 担当者が見ているのは、あなたのやる気、熱意、真剣さなどです。 入社後、熱意を持って仕事に取り組んでくれるか?真剣に仕事をしてくれるか?について企業は知りたいのです。

希望する会社への強い志望意欲を持ち、志望動機をハッキリと伝えることができれば、企業は安心してあなたを採用することでしょう。

志望動機を作る時には、希望、目標、目的をアピールするようにしてください。
もちろん希望する企業や業界の分析を行い、その会社の事業内容などを把握することも大切です。 そしてあなたの将来の目標や人生観を含めて担当者へアピールするというよう考えてくださいね。

また情報収集して企業を分析し志望動機を明確にすることが大切です。 他の学生が知らないような情報を集めることが大切ですが、少し難しいかもしれません。
詳しく情報分析をしてみてください。採用担当者によっては、「この学生はよく情報分析をして当社への志望意欲を強く感じるな」と思い、高評価になると思います。 その会社に興味を持った理由やあなたの入社後にやりたいことを話するだけでなく、情報を分析してきたことを印象付けることもアピールしてみてはいかがでしょうか。

このように志望動機だけでも他の希望者と差をつけることが出来ます。 時間を取ってもいいので、希望する会社や業界については一度調べてみることをオススメします。