就職活動の最終面接

最終面接の評価基準は?

就職活動において最終面接まで来れば、内定獲得まであと一歩ですね。
最終面接にくるということは、それなりにあなたと採用企業がマッチした結果ともいえます。
しかし最終面接にきたことは、内定が決まった訳ではありません。 最後まで頑張って内定を獲得するようにしてくださいね。

ここでは最終面接について見てみましょう。
就職活動において採用を決める最終の面接者は、大体その企業の役員や人事部長などです。 大企業でない中堅以下の企業の場合、社長さんが面接を行うケースもあるようです。
この最終面接で判断されるのは、基礎的な学力やビジネス能力、人間性、入社意欲の高さ、 価値観、人望など、その人の全人格を最終面接で判断されるといってもいいでしょう。

もちろん評価の方法としては、別の志望者との比較になることが多いようです。
入社を希望する志望者A君と志望者B君のどちらが入社後仕事ができるか? どちらを採用しようか?会社にとってメリットがあるのは、B君か?などなど学生を比べて選ばれます。

では最終面接で採用される人の条件を採用側からあげてみます。

・しっかりと会社への志望動機があり、入社する意欲の高い人かどうか
・高いビジネス能力、今後伸びる素質をもっている人か
・表情や態度が明るく周りの人に好印象を与える人か
・会社で活躍している社員とよく似たようなタイプの人か

最終面接の評価項目を見てみると

・外見やマナーや立ち振る舞いなどが相手にビジネスマンとして好印象を与える人か
・面接官が一緒に仕事をしたいと思えるような人か
・会社への志望動機がはっきりしていて、強い入社意欲が感じられる人か
・ビジネスマンとしての正しい言葉使い話しができる人か

最終面接までこれた人の場合、基礎的な学力や志望意欲や人間性については内定の水準を満たした人だと思います。 会社にとっては、採用する見込みのある人になります。
最終面接では、採用企業が求めているビジネス能力が学生にあるのかどうか?を見る場といってもいいでしょう。 つまり、この学生は職場で活躍してくれそうか?どうかを判断する面接なのです。
見てきたように、最終面接における内定獲得には、あなたの志望動機とビジネス能力によって合格するかどうか?内定が決まるかどうか?といえるのではないでしょうか。

よく最終面接で面接官であった人のところへ配属されることがあります。
それは、まさに面接官の役員などがその人を見込んで採用したことだと思います。
こんな内定をもらって入社後働けたら最高ですね。