就職活動の面接のコツ

就職活動の面接のコツをご紹介します!

就職活動の面接について、不安に思っている人も多いかと思います。
就職活動の面接テクニックや虎の巻などの本も書店では多くみられますね。

ここでは就職活動における面接は、どのようなものなのか?面接で求められるスキルなどについて、ご紹介いたします。

就職活動における最大の難関は、面接だといわれていますね。
筆記試験は、過去の問題傾向や一般常識程度を知っていれば大丈夫だと思います。

しかし面接は一夜漬けとはいきませんね。
就職活動の面接は、採用する会社と求職者のお見合いといっても言いすぎではありません。 就職活動で、企業側に気に入られるようにするにはどうしたらいいのか?
なんて思っている人も多いでしょう。

企業が求めている人物について考えてみましょう。
ざっとあげてみますと、積極的な人、責任感が強い人、創造性がある人、明るい人、向上心がある人、周りをまとめるのが上手な人、 リーダーシップがとれる人、負けず嫌いな人などなどいい性格な人の要素がたくさんあげられると思います。

これらの点をよく考えて、就職活動の面接に望むのがよいかと思います。

就職活動の面接の種類は?

就職活動における面接の種類を見てみましょう。

先ず個人面接があります。

個人面接とは、企業側の担当者と求職者一人の面接形式のことをいいます。
求職者の話を聞きながら、あなたの能力や考え方を把握して分析される面接試験といえます。 就職活動としての個人面接試験の場合、積極的な受け答えをしてください、また明るいイメージで面接官と接して印象付けることが大切でしょう。

ただし面接官も毎年たくさんの人を面接しています。
あまり過度にあなたでないところを作ったとしてもすぐに分かってしまします。 素直ないいあなたを出すようにしては、いかがでしょうか。

次に集団面接があります。

集団面接とは、複数人の求職者と企業側数人の面接官でおこなわれる面接試験のことです。
質問の内容は、最初に問題が提起されて順番に一人ずつ答えていくことが多いようです。 これは個人面接と違いますね。面接官は求職者同士の比較が同時にできます。そして面談の評価を行いやすい点があります。

自己アピールや積極性とともに周囲との協調性が重視されるのが集団面接といっていいでしょう。
質問された時に質問をした面接官にだけに話すことだけではありません。 すべての面接官に向かって話すように心がけてみてください。もちうろん過度のアピールや一人だけ時間を使って答えるなどは、止めてくださいね。
一部上場の大きな企業などで面接の場合、集団面接の形が多いようです。

最後に集団討議面接があります。
集団討議面接とはどのようなものでしょうか?あまり聞きませんね。 これは、一つのテーマを作ります。そして、数人の求職者で討論するという面接試験です。 人数は5人前後がよくあるケースのようです。自分の考えや意見をうまく表現出来るかどうかなど面接官に見られます。

もちろん就職活動の面接においては、ヘアスタイルや身だしなみにも注意をして臨むようにしてくださいね。