就職活動と自己PR

就職活動の面接で自己PRするコツ

就職活動の自己PRは、どうしたらいいのか?苦手だ!なんて声をよく聞きます。
日本人は、自己主張するよりも、どちらかというと自己犠牲するタイプのためみなさん戸惑うことがあるようです。

でも心配する必要はないかと思います。

あなたが、こんな人で会社に入社できればこんなよいことが出来ますよ!と教えてあげればいいのです。
ここでは就職活動の自己PRについてご紹介していきましょう。

就職活動で自己PRを書かなければいけないと思います。
ここでもどんな内容を書いたらいいのか?アピールポイントがないな?なんて迷ってしまう人もたくさんいるかと思います。 就職活動の自己PRを書く内容はとても重要だと思います。 必ずあなたが伝えたいポイントを押さえて書くようにしてくださいね。

まず就職活動の自己PRでは、志望動機も一緒に書くのがいいと思います。
理由としては、志望動機を聞かれないケースもあります。 志望動機を聞かれないということは、会社へなぜ入りたいのか?どれだけの熱意があってその会社を志望しているのか?が採用担当者に伝えることができないのです。

就職活動で自己PRをする時に、志望動機にも簡単に書いておくのが良いと思います。
例えば、就職活動の自己PRでよくあることを紹介します。

学生時代に夢中になって一生懸命に取り組んだことがあったのならその経験を話してください。 その結果として、あなたがどんなことを学び見に付けられたのかということを話します。 就職活動の自己PRを話す時には、順序だてて話すようにするとスムーズに話すことができます。

次には就職活動の自己PRで話した経験を活かし、会社でこんな仕事が出来るのではないかと考えた相手に伝えるようにしてください。
このように志望動機を含めながら就職活動の自己PRへとつなげるようにしてはどうでしょうか?

就職活動の自己PRと志望動機を一緒にする意味がわからない人もいるかもしれません。
しかし志望動機と就職活動の自己PRを一緒に絡ませて話しすることにより、説得力が出ると思いませんか? もちろんあなたの自己PRの内容や考えがあるので、絶対だとはいいませんが 就職活動の自己PRだけよりも、一緒に話しをするほうがいい影響があると思いますよ。