就職試験の適性検査

就職試験における適性検査の意味

就職試験における適性検査については、どのような意味があるのでしょうか?
みなさんご存知でしょうか?単に適性だけを見ているのでしょうか?

適性検査には、それ以外のものがあるのでしょうか?
ここでは気になる適性検査について、ご紹介いたします。

本来の就職の適性検査の目的は、会社組織における人事異動に使うためのものだそうです。
つまりよくいわれる適材適所の把握、組織の活性化を促すツールとして使われるようになりました。 そのような組織診断のツールとして発展してきた適性検査のもの、就職用としても使われるようになったようです。

就職の就職適性検査の筆記テストの場合、GATと呼ばれている就職適性検査法があります。 GATは、多くの職務に共通して求められる基本的で一般的な基礎能力を測るものです。
GATは、その検査結果により受験者の能力が順位付けされます。 そのため、就職適性検査試験におけるGATは、受験者の足きり用の筆記テストとして使われているようです。

一方、就職適性検査には、SPIという適性検査があります。
SPIは総合適性検査といわれています。これは仕事に対する適性を含め、面接する時の受験者の人柄をつかむるための参考資料としての役割もあるようです。 性格検査についてどう考えるかによるが、SPIの結果をそのまま足きりの判断材料とするのはなかなか難しいものがあると思います。

企業が実施する就職適性検査から能力重視か、適性重視かどうかも判断することができますね。

もちろんGATを就職時の試験に実施している企業は、足きりの手段としてほとんど使っているでしょう。 単純に一定の能力以上の人しか採用しないと判断している会社かもしれませんね。
本当に重視されるのはSPIの検査結果だと思います。 これは書類審査や筆記試験、もちろん短時間の面接などでは判断できない、あなたの資質を客観的に知ろうというのが一番の目的だと思います。