就職活動の添え状

就職活動の添え状は必要なの?

就職活動の添え状についてご存知でしょうか?
あまり添え状なんて普段使わない言葉だと思います。
ここでは添え状について見ていきますので、ご参考にしてくださいね。

就職活動で使われる添え状は、応募する企業に履歴書やエントリーシート、職務経歴書などの書類をを送付する時に、 その応募書類と一緒に送る応募書類の見出しつまりまとめの役をする書類のことです。

就職活動で履歴書に書かれた志望理由や自己PRなどで、あなたの存在を強く主張することもできると思います。 添え状があるからといって、採用だとはなりません。恐らく直接的に採用を左右するものでないと思います。

しかし、就職活動で添え状を一緒に送った方が、少し丁寧な感じを相手に与えることと思います。 もちろん添え状をつける場合には、きちんとしたものを作ったほうがよいでしょう。 変な添え状をつけたりすると、そのために悪い印象を与えてしまいます。
悪い添え状によって、逆効果になり採用やあなたの印象を悪くすることになりかねません。
そのようなことがないように注意してくださいね。

では、どうして添え状が必要なのでしょうか?その理由をご存知ですか?
添え状をつける理由は、採用する会社側から見てみるとすぐわかります。
見知らぬ人つまり一度も会ったことがない「あなた」からいきなり履歴書が送られてきます。 これでは、どのような人なのか?全く判断することができませんね。

つまり、「●●大学●●学部××です。御社に興味があります。履歴書を提出します」

と一言添えた人がいたらどうでしょう。
このような添え状があれば、理由や志望動機、どこの誰かがわかる履歴書だと理解いただけると思います。 就職活動の添え状は、拝啓などの頭語にはじまり、時候の挨拶、安否や感謝の挨拶を述べてください。
そして最後に、自己紹介、主文へ続き、敬具などの結語で終わるようにしてくださいね。

添付書類が複数ある場合は、どのようにすればいいのでしょうか?
これは、それぞれ箇条書きにして書くといいでしょう。

就職活動をしていると添え状を送付するケースが多くあります。
就職活動の説明会の後、エントリーシートの提出時に添え状をつける。 履歴書、健康診断書、成績証明書などを提出する時にもつけることもあるでしょう。