就職活動に有利な資格

就職活動に有利な資格は何?

就職に有利な資格は、どのようなものがあるのでしょうか?
そもそも就職に資格は必要なのでしょうか?そのような疑問をお持ちのかたもいらっしゃるかと思います。 もちろん何も資格がないよりは、資格があれば有利だとは思います。

ただし資格があるから内定とはいかないと思いますので注意してくださいね。

ここでは就職に有利な資格についてご紹介していきます。

就職に有利な資格と就職活動をしている人からはよく聞きますね。 就職において、自分をアピールすることは大切なことです。
自分をアピールする場合、証明するものとして資格を持っているのが一番説得力があるかと思います。 わかりやすいと思います。

当たり前ですが、どんな資格をもっていても、就職面接を受けずに内定をもらえることはありません。 書類選考や面接の最初は、とても見栄えがよく、他の希望者に少し先んじている印象を与えることはできるかと思います。

資格とは、その程度のものです。無いよりは、あった方がいい程度のお話しですね。

もちろん資格を取ることは、意味が無いわけではありません。 では具体的にどのような資格があればいいのでしょうか?
就職に有利な資格としてよく言われる資格を見てみましょう。

日商などの簿記検定資格
簿記は会社の経営状態を数字として計算し記録するものです。
ただし簿記の資格は、簿記3級以上でなければ就職に有利にならないようです。

中小企業診断士
中小企業診断士は、一言でいうと経営コンサルタントのことです。
この資格は会社の経営状態を診断する仕事の資格ということです。

社会保険労務士
労働者がいるのは、企業では当然のことです。
もちろん労働者の管理が必要となります。社会保険労務士は労働者の管理に関してのコンサルタント業務ができる資格です。

ご紹介した資格以外では、行政書士や宅地建物取引主任者試験、宅地建物取引主任試験などの資格があります。 また営業職を希望する場合、普通免許が必要になります。出きれば学生時代に取得することをおすすめいたします。