就職活動の基本

就職活動の4つの基本について

就職活動と聞いて皆さん不安に思うことだと思います。
景気が良い時とは違い、今は不景気の会社が多くなっています。 このような時代における就職活動の基本についてここでは見ていきたいと思います。
これから就職活動をするみなさまにご参考いただけると思います。

就職活動の基本として、たくさんの要素があります。大きくあげると4つあります。
ここではその4大要素を見ていきましょう。

就職活動の基本の一つ目は、仕事を選択することです。

仕事を選択すると聞いてどうでしょうか?

一言でいえば、選ぶことです。もちろんただかっこいいとか給与が高いなどで選ぶべきではありません。 あなた自身で自己分析をしてください。そしてあなたにああた職業を見つけてください。 もちろん適性検査を受けてみるのもいいでしょう。研修制度などもを利用してみるのも一つの手ですよ。

就職活動の基本の二つ目は、情報収集です。
これは、自己分析した結果、あなたが求める企業の情報を収集することです。

就職活動の基本の三つ目は、応募することです。
履歴書等はあなたの自己PRの場となります。応募いた会社から、あなたを面接してみようと思わせることが大切です。

就職活動の基本の四つ目は、ずばり面接です。
あなたの応募の動機や熱意、自己アピールなど、その場できちんと聞かれたことへ受け答えが出来ることが大切です。 その結果によって、あなたは採用を勝ち取ることができますよ。

また具体的な例をあげてみましょう。
民間求人情報誌などで就職活動について、勉強するのも就職活動の基本を学ぶことができます。 なかでも就職活動の基本の四つ目の面接については、人の話を聴ける力とあなたの内面をオープンすることが自らを成長させることができます。 他人には判断しにくい表現や、一人よがりの表現を使用しても、正しく他人にあなたを理解してもらうことができません。 面接など他人への自己表現には、工夫が少し必要となってきます。

人の話を聞く力が、あなたの可能性を拡げるとよくいいますね。 「ジョハリの窓」というものがあります。見たことがある方もいることでしょう。

このなかで、面接で自らを売り込む時、もちろん「開かれた窓」にあたると思います。 もし、この「開かれた窓」が狭くて自分を売り込む力が不足している場合、就職活動の面接で苦戦することが簡単に思われます。 この窓を「盲目の窓」や「秘密の窓」のほうへと開くように頑張ることが、就職活動の基本となり大切なことです。

いかがでしょうか?就職活動の基本といってもこれからあなたが身につける力ではありません。 これまであなたが身につけた力を再度確認してください。
4つの基本については、くわしくご紹介したしますのでご参考にしてください。