就職健康診断書

就職健康診断書について

就職健康診断書と聞いて何?と思った人はいませんか?
あまり聞きなれない言葉だと思います。健康診断なんかあまり受けたことがない人もいるのではないでしょうか? 会社に入ると健康診断を受診することがサラリーマンには義務付けられています。
平成20年から始まった特定健診保健指導においてもメタボ予防は重要視されていますね。

ここでは就職健康診断書についてご紹介したいと思います。

就職活動をする場合、履歴書や各種書類が必要になってきます。
その中の一つに就職健康診断書という書類があります。 就職健康診断書というのは事前に受診しておいた健康診断の結果を就職活動先へ提出するものです。
就職健康診断書と一般的にはいわれています。

就職健康診断書は、どのような時に会社へ提出する必要があるのでしょうか?
普通、就職活動をする人なら誰でも必要になるといわれています。

就職健康診断書を就職活動の履歴書と一緒に就職を希望する会社へ提出するのが一般的です。 春に大学などで行われる健康診断を受信していた人は、その結果が就職健康診断書になります。 しかし会社によっては、もっと詳細な就職健康診断書を提出するよう指定しているところもあるようです。

就職健康診断書が大学が受診した内容ではダメな時には、医療機関へ行って再度健康診断を受けてる必要があります。 そして医師に就職健康診断書を書いてもらう必要があります。
健康診断といっても、多くの種類の健康診断があります。 どれくらいの内容や種類の健康診断を受ける必要があるのかどうかは、希望する就職先の指示に従ってください。

就職健康診断書は健康診断を受けて、即日発行してもらえません。
発行には、少し時間を取って就職健康診断書を発行してもらうようにしたほうが無難ですよ。