就職活動と保証人

会社へ入社するには、保証人が必要です

晴れて就職試験で内定を勝ち取り、会社に入社することになった時に、保証人が必要になります。 保証人と聞いて、借金などと想像してしまう人もいるかと思います。
ここでは、その時に要求される保証人についてご紹介させていただきます。

会社に就職する際に付けることを要求される身元保証人とは?みなさんどのようなものなのかご存知ですか?
どのぐらいの責任?誰でもいいの?などなどあるかと思います。

雇主つまり会社との間で、将来被用者つまりあなたが会社に与えるかもしれない損害を担保することを契約しることになります。
実際にあなたが会社に損害を与えたりした場合、その損害を担保する責任を負うことになります。
この責任を負う人を就職保証人といいます。

就職時採用にあたり、会社があなたに身元保証人を立てさせることは、どこの会社でも行われていることです。 この保証人は、保証する期間が長い期間かつ責任の範囲が無制限となります。よって保証する人にとっては、とても大きな負担になります。

しかし身元保証に関する法律というものがあります。これは身元保証契約の存続期間や保証責任の限度などについて規定しています。
つまり限度があるので、期間や責任は無制限ではありません。 就職保証人の身元保証契約の存続期間は何年でしょうか?
特に期間の定めのない場合、普通は3年とされています。もちろん期間が定められた場合、最長でも5年と決まっています。

この就職保証人の契約については、更新することもできます。その更新期間は、5年が限度となっています。 就職保証人の保証責任の限度は、その保証人が賠償する金額については、損害額全額ではありません。

裁判所は、合理的な金額について決めることになります。 もちろん身元保証人を立てることを承諾しないと採用取消にはなりません。 ただし就職採用する過程で身元保証人が必要条件として提示されていない場合に限られます。

身元保証人については、理解いただけましたでしょうか?
多くの人は、親族であるおじさんおばさんに頼むことが多いようです。
一度、親戚の人に就職した時の保証人はどうしましたか?など聞いてみてはいかがでしょうか。